ほうれい線の予防

ほうれい線を予防する上で大切なこと、それは気になったらすぐ予防に取り掛かるということです。黙っていてもほうれい線が目立つようになってから慌てても遅いのです。

 

少し目立ち始めたかなと気になりだした時にすぐにほうれい線の予防をしなければなりません。ほうれい線の原因として表情筋の衰えがあります。表情筋は笑うときに口を大きく動かすときなどに使います。

 

毎日無表情で過ごしてあまり笑わないようにしていると、表情筋が衰えてくるため顔全体がたるんでしまいます。そのためにほうれい線が深くなってしまうのです。

 

表情筋は鍛えることができます。エクササイズなどを行うことで表情筋を鍛えることができて、ほうれい線に効果的に働きます。エクササイズ以外にも顔面のマッサージも効果的です。

 

美肌を作り上げるためには毎日続けることが大切です。普段のお手入れで顔にクリームや美容液などを塗るときのついでにマッサージをするとかエクササイズをするなど習慣化するといいと思います。

 

ほうれい線やシワには紫外線も大きな影響を与えます。外出するときなどは紫外線対策をしっかりとすることもほうれい線予防の上で大切なことです。

 

日焼け止めクリームを塗るとか、UV カットと美白効果のW 効果があるものを塗るなどして対策しなければなりません。肌が乾燥しないようにすることも大切です。

 

化粧水をたっぷり塗って保湿することはもちろん、水をたくさん飲んで体への水分補給も怠らないようにしてください。また肌が新陳代謝をうまくするためにも栄養バランスのいい食生活をすることが大切です。

 

日常の食事の中でどうしても補えないものがあればサプリメントで摂取するのもいいと思います。不規則な生活や睡眠不足は肌を老化させる大きな原因となります。良く寝て健康的な肌を維持して、ほうれい線を作らせないようにしてください。

 

 

ほうれい線の予防

表情筋の体操

顔のたるみによってほうれい線が目立つようになります。顔が全体的にたるむことで、ほうれい線の溝を深くするだけではなく暗い表情に見えてしまいます。

 

たるみの原因は表情筋の衰えによるものです。加齢によって衰えた表情筋は顔のマッサージや体操をすることで鍛え直して引き締めることができます。

 

表情筋の体操はほうれい線の解消や予防に効果的な方法です。

 

表情筋の中でも頬付近の筋肉が一番ほうれい線に関係しています。そこで頬付近を鍛える体操を重点的に行いたいと思います。体操の方法はいくつかあります。

 

まず口周りを動かすことがポイントなので、大きな口を開けることを意識しながら「あいうえお」と口の形を順番に作ります。さらに上を向いたり下を向いたりして首を動かしながら「あいうえお」と口の形を作ります。

 

また口の中にいっぱい空気を溜めるようにして口先をすぼめることも効果的です。

 

他にも大きく「い」の形に口をして歯をくいしばるようにするのも効果があります。ゆっくりとひとつずつの動きを確認しながら丁寧にやることがポイントです。今どこの筋肉を使っているのか意識しながらやるといいです。

 

顔のたるみは首の筋肉にも関係しています。そこで首のストレッチをするのも表情筋を鍛えるのに効果があります。首を上下に伸ばしたり、左右に傾けたり、首を回したりしてストレッチするといいです。

 

これらの体操は根気強く毎日続けていくことが大切です。毎日の習慣にできるように工夫して行ってみましょう。

 

 

ほうれい線の予防

マッサージのやり方

ほうれい線の予防や解消をするために顔面の効果的なマッサージのやり方を紹介します。マッサージをすることで肌の新陳代謝を活発にすることができて、顔のむくみを解消して疲れをとることができます。

 

しかしマッサージをするときには、指にオイルを塗るか、スキンケア後の顔にクリームをつけた状態で行うようにしてください。指のすべりが良くなければ摩擦によって顔に負担がかかってしまい、シワをつくる原因となってしまうからです。

 

マッサージのやり方は、解説のDVD がセットになった専門の雑誌も発売されています。最近注目されているのは顔のリンパ腺の流れに沿って行うリンパマッサージです。

 

体のいたるところに走っているリンパ線は体内の老廃物をキャッチしています。そのため流れが悪くなると体内に老廃物が溜まることになるのです。特に顔にはリンパ腺がたくさんあります。

 

顔のリンパの流れを良くすることで、顔に老廃物が溜まらなくなり、むくみやくすみなどを解消することができます。リンパ線をマッサージして流れをよくすることで透明感やハリのある肌になるのです。

 

具体的なマッサージのやり方としては、両手の人差し指と中指を使って行います。最初に口とあごの間付近を軽く押します。そこから口角に向けて少しずつ押す場所をずらしていき、そのままほうれい線へいき、鎖骨の下の方へとずらして押していきます。

 

そして両方の手を耳のえら付近へ滑らせて、鎖骨までなぞって下ろしていきます。鎖骨付近にはリンパ腺が多数集まっています。イメージとして、顔の老廃物を鎖骨まで送り届けるようにやさしく撫でてください。

 

 

ほうれい線の予防

美容液アルジェアクション

表情ジワ、ほうれい線に効果があるとして人気の美容液「アルジェアクション」の紹介です。有名エステや人気の美容クリニックでも採用されている人気NO.1 のアンチエイジング美容液です。

 

「アルジェアクション」は塗るボトックスとして、ほうれい線解消効果があるとされています。アルジルリンという成分とEGF という成分の働きによって深くなってしまったほうれい線に弾力とハリを与えることができます。

 

ほうれい線の形となっている表情筋の癖が美容液を塗ることによって解きほぐされて自然な状態の肌に戻していきます。同時にEGF という肌を再生させる成分の働きによって肌の内側から深く刻まれたほうれい線を押し上げて浅く柔らかいほうれい線へと改善します。

 

使い方としては、洗顔をして化粧水をつけた後の肌にアルジェアクションをつけます。ほうれい線や眉間、目尻など気になる部分に美容液をなじませていきます。

 

強くこすらないようにやさしく顔の下から上、内側から外側へなじませるようにつけていくのがポイントです。

 

ほうれい線の範囲の目安としては、指2 本使ってほうれい線を覆うくらいの範囲にやさしくつけるようにしてください。

 

ほうれい線のシワの奥の方まで広げるようにして指全体を使って美容液を浸透させるようにしてください。乾いた後には保湿美容液を塗ります。

 

乳液をつけて、最後に顔全体にクリームがなじむように内側から外側にかけて頬をマッサージします。指をすべらせるようにして、力を入れすぎないようにしてください。これでほうれい線のケアができます。

 

 

ほうれい線の予防

ほうれい線を消すためのマッサージ

ほうれい線を解消するのに効果的なマッサージはいくつもあります。ここでは簡単に15 秒程度のマッサージを続けることでほうれい線を消すことができるマッサージ方法をお教えします。すぐに結果がでるので、ほうれい線が気になる人におすすめのマッサージです。

 

親指を口の中に入れて、人差し指と中指を頬の上に置いて内側と外側から頬を挟むようにします。その状態で人差し指と中指だけを左右に動かしてマッサージします。

 

小頬骨筋と大頬骨筋に対して直角に動かします。小頬骨筋と大頬骨筋は、頬の下を指で押さえながら「イ」の口をしたとき動く部分になります。鼻に近い内側のラインが小頬骨筋で外側のラインが大頬骨筋です。

 

これらの筋肉が固くなってしまい弾力をなくすことによって、ほうれい線が深くなったり肌のたるみができたりします。そのためこの筋肉を一度ほぐしてからゆるめることによって筋肉に弾力が戻りリフトアップすることができます。するとほうれい線の溝も浅くなってほうれい線が薄くなるのです。

 

マッサージは6 ヶ所します。小頬骨筋と大頬骨筋に沿うようにして、目の下から口角までを縦3 ヶ所に分けて、横2 列分の合計6 ヶ所行ってください。

 

1 ヶ所を5 回ずつマッサージして、少しずつ位置を動かしていきます。

 

このマッサージでは指を口の中に入れるため、歯磨きのときやお風呂に入っているときなどのついでに行うようにするといいです。

 

習慣化しやすいように工夫することで毎日続けることができて、すぐにほうれい線にいい効果が表れると思います。

 

ほうれい線の予防